ホーム » 寝ているときに

寝ているときに

寝ているときに、布団をかけていないなどで、
寒い状態で寝ていると、睡眠が浅くなってしまうこともあります。
特に夏は汗をかくため、自分の汗で体温が下がってしまうことがあるようです。

ですので、夏には通気性がよいマットレスを選ぶなどの工夫が必要です。
夏場は通気性の優れているマットレスにすることで、
自分の汗で体温が下がって睡眠の質が下がることを抑えます。

そうならないためにも、夏場は夏用の、通気性がよいマットレスを選ぶのがよいと思います。

そのほか、朝、首や肩の痛みを感じたと言う方も多いそうです。
これにはさまざまな原因が考えられますが、多くの場合には、
使っている寝具が合っていないということがあるそうです。

使っている寝具があなたの身体にあっていないと、寝ている間に身体が無理な姿勢になってしまいます。

身体の大部分を支えているマットレスは、やわら過ぎても硬すぎてもよくないといわれています。
特に綿でできているマットレスは、やわらかすぎるため、身体が理想以上に沈みこんでしまって、不自然な体勢になります。
逆に硬すぎるマットレスを使うと、予想以上に沈み込むことはないのですけど、
人によっては眠り心地が悪くなってしまうという人もいるそうです。

もちろん、合うか合わないかということもあるのですが、
身体に負担がかかっているのかということにも注目してマットレスを選ぶとよいでしょう。