ホーム » 睡眠中は

睡眠中は

睡眠中はノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返しているといわれています。
ノンレム睡眠の中でも特に深いといわれる第4段階に入るのは、
眠りはじめてから3時間といわれています。

その3時間後はというと、ノンレム睡眠とレム睡眠を交互に繰り返しながら朝になります。
睡眠時間が長い人と短い人の2種類がいると思いますが、
そのどちらであっても眠りはじめ3時間には差がないといわれています。
そうなってくると、重要なのが眠りはじめて3時間の間になります。
この3時間の間に深い睡眠ができるかがポイントになりますが、
深い眠りができないとたとえ眠っていると、翌朝疲れが取れないということにもなりかねません。

ノンレム睡眠の大切な役割として、脳を休めるという重要な役割があります。
そのほかの注目するところとしては、
ノンレム睡眠の第4段階の睡眠に成長ホルモンが分泌されるということです。
成長ホルモンと聞くと子どもの成長のためのホルモンという認識が一般的ですけど、
大人であっても代謝を高めたりアンチエイジングになったりと大人であってもさまざまなメリットがあります。
代謝の促進では、疲労回復や美肌に効果があります。
ですから、男性だけではなく、女性にもよさそうですね。
ですけど、残念ながら、大人になると、成長ホルモンの分泌が減ってしまいますので、
そうならないために、眠りの質の改善ができるように工夫するということもよいでしょう。